Entry: main  << >>
8,000 Drums
世界中のネイティブ・ピープルは「8,000 Drums」の儀式に参加せよとのメッセージ


もう時間があまりないのですが、メキシコ中央時間の2008年3月21日の正午(東京地方時間3月22日午前3時)に、世界中の大地とつながった人たちが「ドラムを叩いて」くれるように、アメリカやカナダのいくつもの部族のメディスンマンやメディスンウーマンたちが求めているという報せを受け取りました。
ぼくのところへは、カナダのモントリオールにいるモンタグナイス・インディアンのメディスンマンでありヒーラーのギルス・ノバクス氏の友人である人物から「聖なる太鼓の音で母なる地球を癒す日」のニュースが届けられました。彼らもまた一族のヒューロン氏族のふたりのグランマ(グランドマザー)から、世界中のインディアンたちに広く伝えてほしいと求められたのだそうです。

その日「8,000 Drums」と名づけられた母なる地球を癒すための世界規模の儀式が行われます。

参加する人がおこなうべきことは、どんな種類の太鼓でもよいので、正しい時刻に、1人でも、集団でも、部族全員が参加してでも、太鼓を打ち鳴らすこと。

この太鼓を鳴らす目的は、オトミ一族(マヤ族のなかの、オルメカとトルティックの子孫)が洞窟のなかに岩絵として500年前から神官たちの間でのみ秘密裏に伝えられてきた「オトミの予言」を成就させるためだそうです。まさにその日そのときに、世界中のインディアンたちが8000の聖なる太鼓を打ち鳴らせば、この世界のあらゆるものを創られた存在がその音を聞きつけて、さまざまな国の人たちによって傷つけられ破壊されている母なる地球の病を癒すことに力を貸してほしいというわれわれの祈りをかなえてくれるのだそうです。

おもしろいのは、ここでも「八」という数字が「八百万(やおよろず)」とおなじように「とてつもなくたくさんの数」を象徴していることです。「8000の太鼓」が一斉に叩かれる地球でどんな音がするのか想像もできませんが、そのことがわたしたちの祈りの力を増幅させてくれる可能性をぼくは否定するものではありません。亀の島が昼の時、日本列島では真夜中ですので、太鼓を叩く場所を選ばなくてはなりませんな。

Native Heart より
http://native.way-nifty.com/native_heart/2008/03/8000_drums_c0f3.html

* * * * * *

すみません。アップが間に合いませんでしたが、春分と満月の日のあいだのドラムの儀式でした。何か感じた方いらっしゃいますでしょうか。(by むー)



| flonflon | 14:34 | comments(0) | - | - | - |
Comment








Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode