Entry: main  << >>
有機肥料どころか
ネットで調べていたら

有機肥料どころか

漢方のクスリがあるそうな。(虫や病気対策)

どうなんだろう。

本当にそれは必要なんだろうか?
| flonflon | 01:08 | comments(7) | - | - | - |
Comment
いろんな考え方がありますが、私は必要ないと思ってます。

もちろん、土作りをしてあげるのが前提条件ですけど。(^^)

薔薇でよく使われる漢方薬、おおよそのものは使用したことがありますが、嫌がる子が多いですよ。殺虫効果をほのめかしているものは、だいたい散布されると痛いみたいなのね。>薔薇さん
商品名は控えますが、クララマメでつくられたある製品は特に。。
例外的に、ニームは使い方によっては大丈夫だったけど。これはうちの子たちがウドンコ病のひどかった頃のお話。
ウドンコ病は米ぬかフリフリで対処できますし、もしひどくなったとしても、基本的なケアさえしていれば、これで枯れるということはありませんw。

ウコンや月桃なんかの滋養強壮系は、悪くないみたいですけどね。

木酢液も、よほどひどい癌腫ができてる場合でもないかぎり使いません。
その代わり、入梅くらいから夏の終わりくらいまでは、見た目ぼろぼろになりまする。^^;

鉢植えの場合はむしろ、コガネムシさんに要注意です。
オールド系の香の強い品種は狙われます、巷で流行ってるニコチン肥料は。。。。。。。。(-_-;)
水遣り時に、土の乾き具合をチェックして、早め早めに幼虫さんのお引越しをお手伝いするのが結局一番良いような。。
人にあまりよろしくない物は、薔薇さんにもよろしくないことが多いみたいです。
Posted by: ぶぶねこ |at: 2006/12/05 8:45 AM
↓こちらは参考になりますよ。
http://www7.plala.or.jp/organicrose/
↓ここのわら堆肥はおすすめです。
http://www.orange.ne.jp/~hiryo/

薔薇さんの不耕起栽培を模索ちうだったりするんですが、園芸品種はなかなか適応させるの難しそうなんですよねぇ。
Posted by: ぶぶねこ |at: 2006/12/05 9:03 AM
ぶぶさまー♪コメントありがとうございます。

そうですよね!Mマグダレンを買ったら農薬がついてきて、いらないですって書いたのに。(笑)無理だから!って言われたんですけど。(笑)うん、でもうちの子たちは農薬なしでいきたいんです、やっぱ。土づくり・・・もう今から準備しないといけないですかね?

鰹節・・昆布。そっか、じゃぁ捨てないでとっておこう・・。実家が近くでコンポストがあるのでよかったです。

あ、ミクシィでの日記の紅葉ね、ニャンコ大佐のなわばりで撮ったのですよ。(笑)大佐はお休み中だったのか、お出ましにはなられませんでした。
Posted by: むー |at: 2006/12/05 11:38 AM
にひひ。。
土づくりは、これからの時期が勝負にゃにょでつぞw。
さぶいさぶい冬の間にはやれることいっぱいありゅにょでつ。
堆肥やボカシ肥を作るにも、低温時のほうがじっくり熟成してくれるので、失敗が少ないんでつよ。
お正月のご馳走は、是非とも微生物や分解菌のご飯にしてあげてくださいませw。
↓ここまで大げさじゃありませんが、うちは米ぬかフリと堆肥の漉き込みで似たようなことやってます。
http://www.ruralnet.or.jp/gn/200609/bokasi.htm
農文協の本は、なかなか参考になるものが多いでつよ。

Austinものは、パテントの問題や、輸入時の滅菌処理の関係で、日本でオーガニックの苗を入手するのは困難だとおもうです。
取り扱いのあるナーセリーでは、いずれも殺菌剤や、消毒剤、防虫剤を使用されていますから。
初期のConstance SpryやMaryRoseなどなら、何とかなるかな。。。
でも、最低限の消毒殺菌は避けられないかも。

Mary Magdeleneは強健とは言い難い子なので、業者さんでこの子をオーガニックで育てようという方は、かなりのチャレンジャーだと思うし。。。。。汗

なんというか、成木になるまでは鉢植えで大事に育ててあげたい子なんでつ。
日本の過酷な夏越しが地植えでできるようになるまでは、どーか鉢植えで。。。。^^;

阪上勘右衛門商会(ニューローズ)さんのものは、化学肥料を極力避けて作っていらっしゃるから良いですよ。
(でもまったく使ってないってわけじゃないという話ですが。。)
AustinはConstance Spryなら扱ってらっしゃいます。ただ、オールドローズが中心なのです。
根張りが良い子を届けてくださるし、こちらの土(ポット苗の土)はものすごく参考になりますよ。

ニューローズ阪上勘右衛門商会
兵庫県宝塚市山本東2-3-19 
0727-81-2906
↑こちらに問い合わせればカタログおくっていただけます。

ご近所の村田ばら園さんも、良い苗を届けてくださいますが、こちらは定期的な薬剤散布をむしろすすめていらっしゃるのですよね。でも、3年目以降の育ち方が良いです。お迎えしてからも継続して根をしっかり作っていければですが。。

追伸

にゃんこ大佐は極秘任務で潜っておられたにょ(って、どこに?w)であ〜りゅ♪
Posted by: ぶぶねこ |at: 2006/12/05 12:43 PM
うーん、土づくりっ。これはこの冬のプロジェクトですわっ。幸いエッセンスには農薬などの影響を感じないのですけれど、それでもやはりなしでやっていくとよりパワーアップしそうですので、がんばりまっす。

ところでまだ咲いているブルームーンの苗なんて、ぶぶさまの近く見かけないですよね?無理を承知で。(笑)
Posted by: むー |at: 2006/12/05 1:40 PM
あはは。。それは無理でつ。
うちは今、咲き残りのProsperityとPenny Lane、Cecile Brunner、Magentaだけになってまつ。
しかもどれも雨でかなり痛んでりゅ。(-_-;)
はやる気持ちはわかりまつが、来春のお花を愉しんで、ご対面してから、苗をゲットするのが良いかもです。(写真と実物はやはり違います。)
それまでは脳内でエッセンスを抽出してみるとか。。^^;
ブームになってから、本屋さんでは薔薇関連の書籍が氾濫してますし、今の時期ならまだ、ナーセリーのカタログもゲットできますから。
↓これなんかおもしろかったですよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0875968805/rose-22
Posted by: ぶぶねこ |at: 2006/12/05 2:53 PM
そうね、やはり会ってからがいいか〜。むむむーーー。はやるーー。今日も何件かすでに問い合わせてしまった。一応みてくれるって。(笑)

脳内エッセンス。わはは。

紹介してくださった英語の本、すばらしそう。ありがとうね〜☆^^
Posted by: むー |at: 2006/12/05 4:34 PM








Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode