Entry: main  << >>
キリスト意識体験中にできたこと
 たまにはキリスト意識のことを話しましょうか。

キリスト意識は波のように年に1回以上訪れ

7年ほどつづきました。

春に多く起こっていました。イースターの頃です。

いまはその期間は過ぎ、人間として生きるよう注意しています。

それが私の使命だからです。


その意識を体験中は、

人間関係や、地上のあらゆるもののエネルギーの行き来を

色で見ることが出来、その行き来による結末を予見することが出来ました。

イメージとしては漫画「陰陽師」の安部清明や

「日出処王子」の厩戸王子が漫画の中でやっていたことと似ています。

私はあんなに痩せていませんが。爆


エネルギーの視覚化、または意識化はまだ残っているので仕事には役立っています。

たとえばお客さんの家族や職場のエネルギー(パワー)関係が見えるので

お客さんがどうすれば全体の問題を解決する方法がわかるなど。ETC。

見える度合いは意識の体験中の10分の1にも満たないのですが

仕事をやっていくには十分すぎるほどです。


また死人をよみがえらせる、とまではいきませんでしたが、

たしかに自分の周りの人が自分の存在だけで幸せに満ち足りた状態になるのが

わかりました。ギスギスしていた地下鉄の乗客がその車両だけ数分で

知らない者同士楽しくおしゃべりをはじめる、

子供や動物、お年寄りなど弱いものが集まってくる。など。

これは子供のときからそうですね。

しかしこれも普段の状態だと10分の1以下の効果?です。


また、結果的に相手の心身の病気も治せていたのだと思います。

これは今の状態で意識的にやるとちょっと危険です。

病気は、その人自身の気づきの機会なので、

それを通り越して治してしまうのは学びへの介入にもなります。


物の怪は見えなかったし、紙の家来もいませんでした。笑

あと念力で物を動かすとか飛ぶとか、そういうことは

ありませんでした。


いま雷のあと空が明るくなったので

ふと思い出しました。

そういえば天気を変えることも出来ていました。

雲を起こしたり、太陽を出したり。

今こう書くと信じられないですが、本当にそうだったんです。

巫女が祈祷で嵐を起こすとか、雨ごいとか、こういうことなんだなって

思いました。



今はその状態になってないし、

なろうともしていないし、

なってもやらないと思います。


こういうことは言わぬが花であるように思います。

私の場合は自然に起こったことで、意識的に開発したわけではありません。

なんらかの目的があって体験させてもらったのだと思います。

私が7年間体験して得た答えは、

キリスト以降を生きよ、ということでした。

キリストと同じことはしなくても良い。

なぜならそれは2000年も前にジーザスがやってくれたから

もうわかっていることなのだ。

2000年以降はキリスト意識を体験し、知りつつ

「生きのびる」ことを求められる。

透視などの超能力にあこがれて開発の努力をする人は今も絶えませんが

それを人間の最高の形とは思わないほうが地球と本人のためだと

思います。

そんなことより、普段の礼儀とか言葉遣いとかを向上させたほうが

よっぽど貢献できますよ。


過去のことをちょっと書いてみました。笑
| flonflon | 11:34 | comments(0) | - | - | - |
Comment








Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode